インフルエンサー広告(KOL広告)

中国人ユーザーの情報収集と購買について

偽者が横行したために形成された「本物志向」や「情報の信頼性」を重視する
中国ユーザーは、インフルエンサーから情報を得て商品を購入します。


サンプルリスト

3万人のインフルエンサーを保有しており、
案件毎に最適なインフルエンサーを選定・ご提案します。



インフルエンサー広告事例

2015年11月11日(独身の日)にインフルエンサープロモーションを仕掛け、
1日で約2.2億円の受注がついたという事例もある